在留資格認定証明書交付申請の最新様式に対応しました

在留資格認定証明書交付申請書(COE交付申請書)の様式が新しくなりました。

【主な変更点】

申請人等作成用2

【変更内容】

「25.経歴」の追加

直近5年の高校卒業以降の学歴、職歴を記載する。

WSDBは、COE交付申請書だけでなく、システムから願書(履歴書)や申請者リストも出力できるため、今までの入力からチェックをいれるだけで、対応できるようになりました。

また、エージェントや学生に入力させる方式を利用しているお客様であれば、それをそのまま活かすことができるため、業務負担が増えることもありません。

COE交付申請書の項目が増え、細かくなるほど、「入力箇所を一か所にし、同一の内容は、一か所からすべての出力物に反映される」というWSDBの特徴がお客様の入力作業を強力にサポートします。

今回の変更は、履歴書と内容が重複されるため、履歴書が出力できないシステムで作ると

①入力欄が増える

②履歴書、申請書で2重のチェックが必要

③内容に不備があれば、2重で修正を行う

という無駄な労力と人件費を発生させます。

申請者が増えれば増えるほど、ボディブローのように効いてくるこれらの状態をいつまで続けるのでしょうか。

日本語教育機関の単純労働を減らし、その時間を生産性の高い活動や、学生サービスに使っていただくことが、WSDBの目標です。

株式会社OneTerrace

スクールソリューション部

井上 智之