松野官房長官、外国人留学生の新規受け入れ「対応を検討している」

松野官房長官が会見で、外国人留学生の新規受け入れに関して、「卒業や進級が迫る学生もいる」として、「対応を検討している」と述べました。

 

「卒業や進級」ということで、日本語教育機関というよりも、大学や専門学校向けの対応の可能性もありますが、「外国人留学生」の受け入れに関して、以前よりも他ビザに対して特別に検討されている点で、少しずつ前進しているような気がします。

 

各業界の動きもあり、留学生の受け入れが国にとって、重要な意味を持つことが徐々に認識されているような気がします。

 

 

参考:『12歳未満のワクチン接種へ 水際対策は2月末まで延長 11カ国 再入国拒否見直し』(FNNプライムオンライン 2022年1月11日

株式会社OneTerrace

スクールソリューション部

井上 智之